産婦人科 病棟と外来での働き方の違い

産婦人科の病棟勤務か、外来担当かで働き方がどう違う?

病棟勤務と外来勤務には幾つもの違いがあります。例えば、病棟勤務の看護師は基本的に受け持ちの患者がいます。ですから、不特定多数の人間と毎日触れ合うことはありません。ただ患者との関係が長く続きますので、良い関係を築くことに注力する必要があります。外来勤務の場合はこれとは逆で普通の客商売に近いですので、気疲れしてしまいがちです。

 

産婦人科の病棟勤務の場合でも、これは同じで患者のメンタルケアが重要になってきます。看護師は受け持ちの患者である妊婦さんの不安を軽減させてリラックスした状態になるようにします。出産のときにも立ち会い、痛みを和らげるマッサージなどをしながら患者を励ますのも仕事の一つです。病棟勤務の場合はこれ以外にも新生児のお世話もこなさねばなりません。ミルクを飲ませたり、おむつを取り替えたりということですね。

 

これとは逆に産婦人科外来の場合は主に、医師の診療の補助を行います。来院する患者は妊婦さんだけではなく、子宮癌の検診や不妊検査や治療などの目的の方もおります。外来勤務の看護師はその患者たちのカルテ内容を確認し、緊急性の高い患者がいた場合は診察室へ呼ぶ時間を早めます。急患に対しすぐさま対応する技術や知識も常に要求されますので、判断能力がない方には辛い仕事かもしれません。こういった違いを客観的に見てどちらが良いと判断することはとても難しいです。この判断に困ってしまうこともあることでしょう。そういった時は転職支援サイトのコンサルタントに相談してみてください。その手のことに関しては熟練しておりますので、新しい価値観や判断材料を提示してくれることでしょう。


このページの先頭へ戻る