産婦人科 一般病院と大学病院の違い

産婦人科で働くうえで、一般病院(総合)と大学病院の違い

一般病院ですと産婦人科看護師としての仕事が多くあります。慢性的な人手不足を抱えている看護師市場を鑑みると職務が多忙になるのは仕方のないことなのです。個人の開業医だけで営業している小さな一般病院ですと助産師不足なども相まってかなりの忙しさになってしまうことでしょう。その分だけ患者である妊婦さんへの対応や赤ん坊の世話など産婦人科看護師としての職に多く携わることが出来て、その仕事ぶりへの感謝を一手に受けることが出来ます。仕事に責任感が持てる方にとっては、やり甲斐のある職場だと言えます。

 

一方で大学病院ですと、基本的に規模が大きいので人材も多く確保しています。仕事も効率化を図っていて、医師と看護師の役割をきちんと分けて職務に従事出来ます。患者の数も普通の病院と比べても多いのですが、仕事は分担されていますので産婦人科看護師としての職務を一般病院ほど感じることはないでしょう。組織としてしっかりとしているので大学病院は働き易いので、仕事の効率や配分が気になる方はこちらの方が良いでしょう。

 

休暇の場合でも一般病院は職員が少ないのでなかなか取り難いです。その代わりに規則が緩く、長く勤めていると勤務表に融通が利くこともあります。一方で大学病院の場合は休みが取りやすいです。システムも定まっていますので前者のようなことはありませんが、代わりにそのシステム以上のことはそうそう出来ません。管理能力のある婦長さんがシステムに則って、しっかりと勤務表を作成してくれます。


このページの先頭へ戻る